今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

猫と犬のびっくりニュース速報!月の起源は?

ニュース

猫と犬のびっくりニュース速報!月の起源は?

猫の時事放談

月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表があったんだってにゃあ~

「ねえ、おにいちゃん、お月さまはなにかとガッチンコしてできたんじゃにゃいの?」
「うさぎさんにきいてみよっと」
「うさぎさんはひろ~いところに住んでるんだにゃ~」
「せまいながらも楽しいベッドもいいもんだわにゃ」

【AFP=時事】約45億年前に地球の衛星として誕生した月は、原始地球に小さな天体が次々衝突したことによって形成された可能性があるとの研究結果が9日、発表された。

【特集】地球の衛星「月」 ─ 月食、アポロ計画、スーパームーン

 月の起源をめぐっては、地球に火星サイズの天体1個が衝突したことにより形成されたという「巨大衝突説」が定説となっていたが、同説は大きな矛盾を抱えていた。

 この説が事実ならば、月の成分の5分の1は地球派生で、残る5分の4は衝突した天体の物質ということになる。しかし実際には、地球と月の成分構成はほぼ同一であり、これは同説の支持者らを長く困惑させてきた矛盾点だった。

 だが、1回の大規模衝突ではなく小さな衝突が繰り返されたと考えれば、この矛盾についても説明がつく。

 英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)に発表された論文の共同執筆者で、イスラエル・ワイツマン科学研究所(Weizmann Institute of Science)のラルカ・ルフ(Raluca Rufu)氏は、「複数の衝撃があったとする説の方が、月の形成をより『自然』に説明できる」という見方を示している。

 ルフ氏と研究チームは、火星よりも小さい「微惑星」と呼ばれる天体と原始地球との衝突を再現したコンピューターシミュレーションを約1000パターン作成。

 その結果、微惑星が衝突するごとに原始地球の周囲に残骸の輪が形成され、その後それらが合体して「小衛星」が形成されることが分かった。こうした小衛星の数々が最終的に、月を形成したと考えられるという。

 論文によると、複数の衝突は単独の衝突よりも多くの物質を地球からえぐり出すことから、小衛星の成分構成は地球により近くなるという。研究チームは、月の形成にはこうした衝突が約20回必要だったと結論付けている。【翻訳編集】 AFPBB News

猫のお薬 詳しくはこちらをクリック↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ